QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語教師と男の沽券

前ブログで書いた
首都圏非常勤講師組合。

★首都圏非常勤講師組合
(ちなみに関西圏はこちら→★関西圏非常勤講師組合

組合スポークスマンと思しき
松村比奈子女史の動画など見てみた。

★松村比奈子インタビュー

松村女史のHP等見つけ、色々読んでみたのだが。


◆以下ヤフーニュース井上伸氏の記事より抜粋


家族のセーフティーネットもなく生命の危機にさらされる非常勤講師


最後に、非常勤講師の大きな困難についてお話しさせていただきたいと思います。

先ほど非常勤講師を続けていると、過去の不安、現在の不安、将来の不安という三重苦があると言いました。そうすると、男性に限って言うと、結婚ができないんです。女性は無職の場合でも、相手が正規社員の方であれば結婚も可能です。でも男性が非正規だと、今の日本社会ではどうしても結婚が難しくなる。それで結婚できない非常勤講師が広がっていく。これは長い目で見た場合、日本の少子化にも拍車をかけますし、せっかく優秀な頭脳を持っている人たちなのに、次の世代に優秀さを継がせることもできない。これは、せっかく税金等で優秀な人材をつくっても、それが次代に受け継がれないわけですから、国全体で考えても損失だと思います。

非常勤講師の実態が悲惨なのは、ここ数年の話ではありません。実は何十年も前から悲惨だったのですが、なぜそれが大きな問題にならなかったかというと、昔の非常勤講師はほとんどが女性だったからです。日本社会には「女性の経済問題は結婚で解消しろ」という暗黙の強要があった。だけど男性の経済問題は就職でしか解決できませんだから昔は、非常勤の男性と女性がいたら、まず男性の方から専任教員にしましょうということで、男性が先に採用されるケースが非常に多かった。そして女性が非常勤に残されて、女性は不満ですけれど、結婚すれば生命の危機までは追い込まれないので、長い間温存されてきたわけです。ところが男性がそのような状況に置かれると、結婚もできませんし家族のセーフティーネットもありません。そこにきて給料が異常に低い。そうなると本当の意味で生命の危機にさらされるわけです。それがここ数年特に深刻になってきたので、非常勤講師問題がいろんなところで取り上げられるようになりました。メディアが今取り上げてくれている原因の一つは、それだと思います。男性の非常勤講師が増加することによって、事態の深刻さが一層人々の目に分かりやすくなっているということです。




ちなみに…
この松村女史は、ご結婚され、お子様もいらっしゃる。
つまり、ご自分はセーフティーネットがあるということだ。

誤解していただきたくないのだが、
私は松村氏を批判しているのではない。
むしろ、ご自分にセーフティーネットがあるからこそ、
ノブレスオブリージュ的にこういう活動をされているのかもしれない…。


正直、松村氏が独身であったら、
説得力増大だったろうなと思わなくもない。

それでもプロフィールを拝見し、
この年齢でもドクターのタイトルがあっても
専任にすらなれていないというこの社会…

ここで着目してしまうのは
こういう問題で表に出てくるのが女性であって、
男性が出ない、という点だ。

表に出られないくらい
自尊心が傷つけられているからだ。

女性の日本語教師の抱える問題と
男性の日本語教師が抱える問題は
根本から違う。
それが現実。

当方、それはそれはすごい学歴を持ちながら
やはり大学の非常勤として生活する傍ら
アルバイトに明け暮れている男性を複数知っている。


もちろん結婚は難しい。
ましてや子供を持つことも難しい。


佐村河内守の騒動で、
新垣隆さんが出てきた時、
騒動そのものの本質よりも
天才と謳われている新垣さんが
43歳で非常勤講師、
という現実のほうに食いついてしまった。


また、近年増加している、
中国人留学生狙いの底辺大学の数々。
教授や准教、そのご本人たちが
ご本人たちのご専門とは縁もゆかりもないはずの
日本語学校へ営業に参じるという現実。


大学でこういう状態なのだから、
男性で日本語教師、
という立場でも、状況はきつい。


女性が多い日本語教師業界で
男性教師の立場は弱い。
というか
何というか
堂々としていることができない。


こんな時代に、こう言うのもなんだが、


男性としての尊厳を損なわれたような
そんな気持ちにもなる待遇が多すぎる。



スポンサーサイト

日本語教師に組合があれば…

この記事見て驚いた。

★ブラック早稲田大学を刑事告発‐教員の6割占める非常勤講師4千人を捏造規則で雇い止め

★大学非常勤講師の三重苦=奨学金ローン地獄・高学歴ワーキングプア・人間破壊と生命の危機


ない、と思っていたらあるんですね、
大学非常勤講師の組合が…


★首都圏大学非常勤講師組合


日本語教師にも組合があればいいのにと
何度も思った。
本当はそう思った人間こそ、
組合を立ち上げなければいけなかったんだけど…


「民間が苦しければ、大学で教えればいい」とは
この世界でよく言われますが

大学で教える日本語教師って
びっくりするほど薄給です。
これ本当。

たとえ+αで教えられる余技があっても、
反対に専門がきちんとあって、日本語教授が余技だとしても

食えません。

いい気なもんですな

海外出張がある仕事、って言ったら、
どんな職種を思い浮かべますか?


まず外交官ですよね。
それから商社マン。
メーカーさんも海外に営業行きますね。


何だかどれも、エリート臭がしますが、
この教育業界にもあるのですよ。
しかも教育者ではない。


そう、日本語学校の営業。


多くの学校さんで、海外、主にアジアのエージェントに
営業に行っていると思います。


教師の皆さんは、どう見ていらっしゃいますか。
一度でも、こういう思いがかすめた方、
いらっしゃるのではありませんか。



「…本当に仕事に行っているのか…?」
「息抜きじゃないの?」
「成果出てるの?」
「遊びに行ってるだけなんじゃ…」




加えて、そんな営業で引っ張られてきた学生たちは、
学校の営業担当の現地での行状を知っていたりします。
だからこそ学生が学校をナメるんだとも思うんですよ。

教師の方々も、学生たちからそんな情報を
聞いた方もいらっしゃるかもしれませんね。



現地で派手に遊びまわっているとか。
実は金儲けしているとか。
免税で買い物するのに夢中だとか。



これだけ厳しい待遇で教師たちを使っておきながら
自分たちは海外で羽を伸ばしている。
これは色々な学校さんで聞く話です。


干し肉やら、なんとかケーキなんか
配ってくれなくていいから
給料一円でも上げてくれ、って話ですよ。



もうこれはね、非常勤よりも
常勤の方が
気持ちの沈み方がハンパないです。




上記のような経験がある先生方、
現状たぶん結構いるかと思います。
把握させていただきたいので、どうか
同じ思いを抱いている(いた)方、
お勤めになっている(いた)学校にそういう疑念があった方、
拍手をクリックしていってくださるとありがたいです。




上の人たちって…

私の友人の話です。

彼は、とある業界のメーカーの経理で中堅です。
地方の企業ではありがちですが、社長は世襲なんですね。
今で3代目だか4代目だか、ということなんだそうですが。


不況のあおりで、給料が上がらなくなってもう10年超。
そんな友人が、ビールをあおって居酒屋で嘆きました。


「俺はもう、あの会社にはついていけない」。


冬の午後であっても、節電で、真っ暗い中、仕事をさせられ
(しかも暖房も切られている)、
残業代は出ないのに激務、
コピーはもちろんすべて裏紙、営業は経費のことで逐一呼び出され、
剥がれてきた内装が腐食し始めても、メンテもしてくれない。


そんな会社、昨今あるとは思いますよ、そこらへんに。
でも…


月の〆近くに来ると、
なぜか着物姿の女性が集金に来るらしい。


社長は2台目の新車を買い、
接待と言う名の旅行だかゴルフだかの費用も半端なく。
また新しいTUMIを買い足し。
しかも出勤は午後から。



もろきゅうを食べながら、小生は黙ってしまいました。



…どこも似てる…。



続きます。

そんなことしている場合か

国が定める日本語学校の経営と
それによって、
いびつにならざるを得ない学生と教師との関係について
書いてきた。


現時点で「逃亡」は減少しているのだろうか。


法務省がサイト上で明かしている
「本邦における不法残留者数について(平成25年1月1日)」
によると、
在留資格別不法残留者数では


1位 短期滞在 43,943人
2位 日本人の配偶者等 4,291人
3位 留学 2,847人



となっている。


同ページからリンクしているPDF図表→では
「在留資格別 不法残留者数の推移」として
過去6年間の推移状況が見られる。
平成20年で留学由来の不法滞在者数が10,978人であったのが
現在2,847人にまで減っているわけだ。


確かに、毎日胃が痛くなるくらい
学生の管理に追われていた一時期に比べれば、
ここ数年は、その方面では楽になってきた。




学生は、逃げなくなったのである。




逃げてもいいことはないと、周囲の情報で知ったのか、
それとも逃げたところで、
その労力に値するだけの稼ぎの仕事が
できるわけではないと悟ったのか。



ただし、学生の向学心が高まったわけではない。

学生側は、

逃げはしないが、勉強はしたくない。
バイトはしたいが、学校には行きたくない。


一方で学校側は、

進学してくれなくては困る、
出席率も守って貰わなければ困る。
(これも学校の管理責任が問われるため)



双方の思いが、ソリが合わない。



寝ている学生を見れば、
他の学生もそれに倣う。
教科書を持って来ない、
携帯をいじる、
そんな学生がいれば
他の学生も真似をする。



日本語教育の世界では
ずいぶん学会を行っていらっしゃる模様だ。
運営費も時間もたっぷりあるようにお見受けする。


現場にいる時からいらいらしていたんだがな、
新教材の提案や、
学習認知度のデータなんか披露している場合か?
ずいぶんのんきなもんだな。
もっと他に話し合うことがあるだろうが。
ようやく数年前に、
非漢字圏学生の日本での日本語勉強法についての
会議が行われたようだが
まったく解決に至らない観念的な話し合いで終結したと
風の噂で聞いているぞ。
いい加減にしろ。
日本の日本語教育の現場の状況が改善できない
集まりや勉強会なんて、
ただの暇つぶしにしか思えないんだよ。
やめちまえ。

不法滞在者の土壌としての日本語学校の今

ある学校から、逃亡する学生が出るということ。

それはつまり、
国から見れば、
その学校が不法滞在者を増やした
と言うことになります。


あるパーセンテージを越えて
学校が不法滞在者を生んでしまった場合、
国はその日本語学校を信用しなくなります。
管理責任を問うのです。


そうなると、国はこの学校の学生にビザを発給しませんから
次回の学生集めはできなくなります。
(このビザ発給おあずけの期間も決まっています)


学生が逃亡したとして、
まだその学生のビザの期限が切れていない場合、


学校はそれこそ血眼で、その学生を探します。
ビザが切れないうちに、探し出して、帰国させたいからです。
これは男性職員の多くが体験しているのではないでしょうか。
本当に出国ゲートまで、気が抜けません。
学校によっては、本国までついていくケースもあります。


こういう事態に発展するため、
授業中も、
プライベートも、
本当に気が抜けないのです。
授業中に脱走する場合も考えられるからです。
遠足中だって、わかったものじゃありません。
「病欠します」と言われても、
寮まで確認に行くのは、そのためです。


「教師」と「学生」であっても、

まさに



「管理する側」 と 「管理される側」。




続きます。

逃亡者

さて、そろそろ禁断の2つめ。
日本語学校の経営に、大切なこと。


②その学校から逃亡者が出ていない。



「逃亡者」、お分かりになりますでしょうか?


日本にいる不法滞在労働者の人たち、
多くは「留学生」として留学ビザで日本へ入国した方々です。


「学生として」来日するや、
隙を見て、速攻、逃亡した人たちです。



寮はもぬけの殻。
仲介者は「知らない」「わからない」の一点張り。
同国のクラスメイトも知らぬ存ぜぬ(←本当は知っている)。
電話をかけても出ない。
もしくはすでに解約。


以前書いた→
日本語学校が学生のパスポートを取り上げて管理する、
と言うのは、
この逃亡を防ぐものであります。


不法滞在する度胸があるなら、パスポートなんか
必要ないだろうに…


と、若い頃の小生は思ったものでしたが、
その後の潜伏中でも、あちこちの地方でアルバイトなり
部屋借りるなりするにも、やはり必要だそうです。
まあ、当たり前か…。


こういう逃亡者を、低賃金で使う組織も存在する。
(※日本人とは限りません)
80年代の話じゃないけれど、タコ部屋とかも、
なまじ嘘じゃないとか、噂はたくさんあります。


どんなに先生方にとって
「いい学生」であろうと、



「その日」は、突然にやって来ます。



そして、「その日」から
次にその子に会うことは、




ない、場合もあるし、

アクリル板の向こう側でお会いすることもある。

ニュースや新聞で名前を見つけることもある。



続きます。

ああでもないこうでもない

前回の続きです。


日本語学校にとって、進学しない学生はおいしくない。
でも、今後は、進学目的じゃないエンジョイ系の語学留学生も増える。


じゃ、そういう人も入れましょう、と言うことになるとします。



進学するつもりの学生と、エンジョイ系の学生を、
同じクラスにできるでしょうか?



初級だったら、なんとかできるでしょう。
でも中級からは?


以前のブログにも書きました。


★「そもそもクラス作りに無理がある」


一体、日本の日本語学校って、何なんでしょうかね。
語学学校なんでしょうか、受験予備校なんでしょうか。



更に言うと、エンジョイ系学生は、留学生ビザで来ない場合もありますので
出席率の締め付けはありません。
そういう学生の前で、留学生ビザホルダーに向かって出席をやかましく言うのも、
やりにくいものがありますね、お互いに…

その上、日本をエンジョイしたい人に向かって
毎日「○○大学 2012年出題」などやらせるのもねぇ…


あーあ、と思いつつ
続きます。

進学しないなら、いらない


前回からの続きです。



まず

①その学校から進学する留学生が多い(特に大学進学)。

の弊害。


日本語学校はその先の経営を存続させるために、
①を考えた場合、
まず前提として
「進学する学生」
を呼びたいわけです。



つまり「進学しない学生」は
経営としては、まったくオイシくないのです。



では「進学する前提の学生」とは?


つまり中国人であり、ベトナム人であり、ネパール人であり、ミャンマー人です。
彼の国の経済が発展し、現在では様相も変わってきましたが
殆んどこれらの国出身の留学生は、
勉強する目的であれ、労働目的であれ(←あっ…1級文法…)
日本にいたい人たちで、つまり進学するつもりの人たちです。


かつてたくさんいた韓国人学生が減少したのも
この点が大きく関係しています。


もちろん、実際のアジアのそれなりのインテリ層は
もはや日本の大学など眼中にないこともありますが、
日韓の政治的問題や、経済の衰退などといった
あちら様の抱える問題だけでなく、


日本側も、韓国人学生をおいしくない
と思っている背景もあると思います。




小生が以前再三書いてきた、

「日本をエンジョイしたくて来た語学留学生」

のことです。



数年限定で、日本語だけ習いたい。
既に大学を出た人、社会人だった人、そういう韓国人学生が沢山います。
もうすでに勉強なり経験なり、修めているので、
その先、日本でどうしようとか、そういうビジョンはない。
とにかく日本語が習いたいし、日本文化に触れたい、そういう学生さんたち。


日本人だって、こういう留学生はたくさんいますよね。
数年アメリカで暮らしてみたい。
イタリアに遊学して、ヨーロッパを見てくるつもり。
そんな人、この国にもたくさんいるのに、
同じような海外の人たちを受け入れるお皿は、作らないんですよ。
ヘンなものです。


こういう学生が、日本語学校での就学を満了しても、
日本語学校の「〇〇大学進学」という実績にはなりません。
つまり、日本語学校の履歴に、大きくハクをつけるものではないのです。


もうそういう学生を入れるのは、今後の経営に意味がない、として
韓国での営業を一切やめた学校も多いです。


これは韓国人に限ったことではなく、
同じ理由で、日本エンジョイしたい他の国の人たちの受け入れも
難しくしているのではないでしょうか。

イギリス人やアメリカ人、オセアニアの方々は
単に日本で過ごしたいなら、駅前留学の先生や
各地の中学の外教として、日本に来られる人が多いですが、


海外のサブカルに憧れる若い人、
武士道大好きなそれほど若くない人、
こういう人たちのステイを受け入れる土壌って、
本当に充実しているんでしょうかね。


弊ブログタイトルにもなっている、あのマンガ、
日本のヤクザ映画が大好きなフランス人のマダムとか出てきますけどね、
正直、そんな学生層、小生にとってはリアリティがまったくないです。
お目にかかったことがありません。
あれ見て、そういう学生さんたちに教えられる!と思って
日本語教師目指す人がいてるんだと思うと、
気の毒です。
(タイトル借りておきながら、辛辣になってすみません)


続きます。

日本語学校の経営で欠かせないこと

前回の続きです。


恐らく、

現時点で日本語教師を目指している方、
海外で教えられている方、
企業に派遣されるなどしてプライベートレッスンを専門にされている方、
国内外のインターで教えられている方

上記の先生方にとって、当方のブログは「?」の連続であろうかと思います。




「どうして、学校側がそんなに学生の管理に厳しくしなければならないの?」



もしかすると、事情をお分かりでない方もいらっしゃると思いますので、
僭越ですがご説明申し上げます。
既に日本の日本語学校で教えられている先生方には常識でしょうから、
そういう方々には読み飛ばしていただいて結構です。


ざっくりと説明します。
本当にざっくりです。
ただ、これを書いている現時点以降、
または最近法律が変わったかもしれませんので
超新鮮な情報ではない可能性もお含みおきください。




まず、留学生として日本に来るということは、
受け入れ先の学校が、国にお願いして
「○国の△さんにビザを発給してください」と
ビザを取ってもらいます。


どうして国が、よく知りもしない外国人を留学生として認めて、
その人のためにビザを発給してくれるのでしょうか。
それはその留学生の履歴や経済的背景に加え、
国が、その受け入れ先である学校を
信用しているからです。


どうして国は、その学校が信用できるのでしょうか。
その手立てとなる情報の代表的なものは、2つ。



①その学校から進学する留学生が多い(特に大学進学)。

②その学校から逃亡者が出ていない。





上記の2つが、日本の日本語学校の経営に大きく関係していきます。
この2つが達成できなければ、商売上がったりになるからです。

どんなに海外で営業をかけても、
どんなにそこから入学希望者が殺到しても、
国が許可しないのですから、留学生ビザを伴った学生は入れられません。


更に言うと、この2つが、日本語学校の在り方を難しくしています。

続きます。
プロフィール

miyabiyutaka

Author:miyabiyutaka
夢を追って心が折れてしまう前に。
______________

某本にかこつけてタイトルつけてみたけど…
日本人「の」、って、教えにくい日本語ですよね。
日本人「が」、だったらまだやりやすいんだけどな。


学生のための日本語教育ブログだったら、他にいっぱいありますのでそちらへどうぞ。
日本語教師として「働く側」からのブログです。

拍手ありがとうございます。この業界で、表だって言いたいことが言えない方々の「声なき声」だと思うと、励みになります。

コメント返信までは手が回らないかと思いますが、貴重なご意見感想は残させていただく所存でおります。









現在の閲覧者数:


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。