QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対に日本語教師にならないほうがいい人

まず、声の小さい人。


どんなに機転のきく、知識が豊富な人であっても、
これだけはダメです。


殆んどの場合は、訓練すれば声は大きくなりますが、
中にはもう、発声器官、あと歯並びの構造で、
絶対に声が大きく出ない人は残念ながら存在します。


ご本人も、雇う側も、学生たちにも、
まったくいいことはありません。

口の動きも重要なので、口が隠れるマイクは
日本語学校では使うことは稀です。

学校側も「声が小さい」というクレームが
本当に困るのです。



声が小さいなら、日本語教師はやめましょう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miyabiyutaka

Author:miyabiyutaka
夢を追って心が折れてしまう前に。
______________

某本にかこつけてタイトルつけてみたけど…
日本人「の」、って、教えにくい日本語ですよね。
日本人「が」、だったらまだやりやすいんだけどな。


学生のための日本語教育ブログだったら、他にいっぱいありますのでそちらへどうぞ。
日本語教師として「働く側」からのブログです。

拍手ありがとうございます。この業界で、表だって言いたいことが言えない方々の「声なき声」だと思うと、励みになります。

コメント返信までは手が回らないかと思いますが、貴重なご意見感想は残させていただく所存でおります。









現在の閲覧者数:


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。