QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそもクラス作りに無理がある

アメリカやヨーロッパに語学留学した方も少なくないかと思います。

その時の経験から、逆に自分が日本で語学教師になろうと決心した先生たちもいるでしょうね。

で、


本当に、留学先で受けたような授業を日本でしていますか?



していませんよね。



そう、日本の日本語学校は受験予備校
LAやロンドンでなごやかに受けたサロンのような語学教室とは違います。



アジア各国から来る学生は、日本で進学したいという人たちがほとんど。
日本を満喫したい!と思って来日する欧米人は戸惑うことでしょう。



また、近年は韓国人の日本留学も、進学目的よりも、遊学目的。
日本でアルバイトしながら、日本を楽しんで、思い出を作りたい。
意思疎通だってできるようになりたいけど、それよりも日本での生活をエンジョイしたい



遊学の何が悪いんでしょうか?
目的なんて人それぞれなんですよ。



そういう人生の楽しい一ページを作りたいと思ってやってきた留学生は、
宿題、出席率、テストの成績に厳しい恐怖政治のような学校に入って、大変戸惑います。



当方も、とにかく全員の成績を上げ、せめて在学中はN2を取らせなければとばかり、厳しく教えていました。



でも、今、思います。そもそも無理があると。



初級だけはあるレベルまでは厳しくする必要があるけれど、
それ以上は受験クラスとサロンクラス、に分けた方がいいんじゃないか。


日本語学校は実はサービス業。受験クラスはビシビシやってもらって、サロンクラスはなごやかに。
非難覚悟で書くけれど、サービス業なのだから、
サロンクラスはルックスとノリが良い、明るい若い先生を置く。
遠足などの屋外授業も増やす。
日本人配偶者のいる外国人奥様たちにもこちらに入ってもらう。


遊学したいと思って来た人たちが、長文読解やり続けて意味があるんですかね。
今、私、本気で考えていることなんですが。


進学したい人たちしか受け入れられない日本の日本語学校には、ちょっと問題があると思うんです。


そもそも極論を言ってしまえば、



不況の日本が本気で外貨を稼ぎたいと思うなら、
日本語が話せるようになる日本語学校だけではなく、
日本にいる・来ることが好きになる日本語学校
の存在も必要なんではないでしょうか。


そんなユルいサロンクラスを作ったら、
勉強に飽きやすい中国、ベトナム、ネパールはきっとそちらに逃げるに違いない!


と思われるかもしれませんが、
そういう学生たちにはもっと別の思いがありますので、そのうち書きます。
なんならサロンクラスの授業料を、高くすればいい。


逆にお聞きしたいのですが、
欧米で日本語教師をやっていた先生、
日本に帰ってきて、こちらの民間の日本語学校になじめていますか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miyabiyutaka

Author:miyabiyutaka
夢を追って心が折れてしまう前に。
______________

某本にかこつけてタイトルつけてみたけど…
日本人「の」、って、教えにくい日本語ですよね。
日本人「が」、だったらまだやりやすいんだけどな。


学生のための日本語教育ブログだったら、他にいっぱいありますのでそちらへどうぞ。
日本語教師として「働く側」からのブログです。

拍手ありがとうございます。この業界で、表だって言いたいことが言えない方々の「声なき声」だと思うと、励みになります。

コメント返信までは手が回らないかと思いますが、貴重なご意見感想は残させていただく所存でおります。









現在の閲覧者数:


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。