QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府と企業様にお願いしたいこと

日本語教師の皆さん、遠足はもう何回か引率されていらっしゃるでしょうか。


近畿は嵐山、ちょっと足を延ばして伊賀の忍者村、
関東圏はやっぱりディズニーランド、あと富士急でしょうかね。


今はどこの日本語学校もカツカツなので、
遠足は本当に頭を悩ませることのひとつです。
何しろ、ぎりぎりで生活している留学生にとっては高額ですから。


クラス単位で学外授業をすることもあるかと思います。
そこでも、無料か有料かでモメますよね。


いくら数百円であっても、学生のことを考えるとねぇ…



工場見学などは、ミュージアムと違って、個人的に行くことがないため、
学生も興味を持ってくれていた気がします(特に食べ物系)。



一応参考までに無料スポット情報です:

★東京都内 無料で楽しめるスポット
★大阪市内 無料でたのしめるスポット




ただ、この学外授業も、日本語学校によって考え方が違います。


例えば、行き帰りの行程に非常に神経質になる学校。
まず、アジアや南米ののんびり学生の場合、
集合時間通りに集まりません。
(これは皆さん、毎回苦労されていますよね…)
その為、バス旅行や予約制ミュージアムなどは本当に難儀です。
朝起きられなさそうな学生には、教師がモーニングコール。
(これも教師個人の携帯を使う…こういう細かい所でも本来は学校がそれに対する手当てを出すべき)


あと、集合場所までの過程で起きるキセル行為。

また、この行き帰りで何らかケガをした場合、責任が取れない、として学外を避ける学校もあり。

更に、遠足中に万引きをしたり、学生同士の喧嘩が起きたり、無断欠席、
それと一番迷惑なのは、当日学校の学生ではない友達を同伴してくるというケース。


今のような世の中だと、
前述の学校のように神経質になるケースもわからなくはなくなってきました。
国によっては、遠足中のケガやトラブルの責任を学校に求める場合がありますから。



さて、留学生が日本に興味を持つきっかけは何と言ってもマンガ・アニメです。
東京はジブリ美術館や藤子不二雄ミュージアムがあって便利でいいですね。
ただ、この二つ、予約制で、交通としてはあまり便利ではない感じが…



確か麻生政権の時だったと思います。
日本にマンガミュージアム作るって言ってませんでしたっけ?


マンガとアニメは、今や日本が世界に誇る産業のひとつ。
というか、他の何が、若い留学生を引き付けることができると言うのか。
早急にお願いしたいのは、マンガやアニメに関する資料館、博物館の設置!
しかもできれば複数!

(維持が大変そうだけど…ユニクロあたりが出資してくれたら…)



マンガやアニメだけとは言わない、とにかくサブカルをもっと学究的に扱って、
博物館を設置してください。
そこは「日本に憧れる若者」目線で
もう、「日本の伝統工芸」をテーマに連れ出しても、そろそろ食いつき悪くなってきましたから!


ゴスロリ博物館やコスプレミュージアム。
キティちゃんや「ワンピース」などワンテーマでの博物館。


外国人を呼び込むためにも、今一度、サブカルのインフラ整備をどうか、お願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miyabiyutaka

Author:miyabiyutaka
夢を追って心が折れてしまう前に。
______________

某本にかこつけてタイトルつけてみたけど…
日本人「の」、って、教えにくい日本語ですよね。
日本人「が」、だったらまだやりやすいんだけどな。


学生のための日本語教育ブログだったら、他にいっぱいありますのでそちらへどうぞ。
日本語教師として「働く側」からのブログです。

拍手ありがとうございます。この業界で、表だって言いたいことが言えない方々の「声なき声」だと思うと、励みになります。

コメント返信までは手が回らないかと思いますが、貴重なご意見感想は残させていただく所存でおります。









現在の閲覧者数:


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。