QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語教師分類。

日本語教育の現場にはどんな人がいるのか?
(ここで言う日本語学校は民間の場合です)


大まかになりますが、日本語教師は下記のタイプに分かれます。


①プロ系

ポイントは、「日本語教師で正規雇用になろうとするガッツがある方」と言っていいかも。比較的若い時点で、すでにこの分野を目指します。熟年になると教務長、または雇われ校長になります。



②サイドビジネス系

この分類名でいいのか・・・すみません、良い表現が浮かびません。。例を挙げると下記のような感じの方です。

実際は他の専門がある。大学院博士課程で政治学を研究中とか、司法試験に受かりたい人など。実は塾講師というのもここに入るし、実はアーティスト、実は商売している、というのもここに入れておきます。

特徴として結構男性が多いです。



③ボランティア出身系

このカテゴリーは「国際交流系」と言ってもいいかもしれません。ボランティアで日本語教師を始めた方。例えば海外在住時に国際交流の一環で、日本語や折り紙などを現地の方々に教え始め、そこから「①プロ系」を目指す方もいますが、この国際交流系に留まる方の方が多いかと思います。

年齢層は比較的年配の傾向があります。

稀にですが、90年代から00年代にかけて流行した「猿岩石」「深夜特急(沢木耕太郎)」の薫陶を受けた世代(と言ってもその世代も30~40代か…)は、若めでもボランティア系で留まることも。



上記カテゴリーについてはそのうち詳述します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miyabiyutaka

Author:miyabiyutaka
夢を追って心が折れてしまう前に。
______________

某本にかこつけてタイトルつけてみたけど…
日本人「の」、って、教えにくい日本語ですよね。
日本人「が」、だったらまだやりやすいんだけどな。


学生のための日本語教育ブログだったら、他にいっぱいありますのでそちらへどうぞ。
日本語教師として「働く側」からのブログです。

拍手ありがとうございます。この業界で、表だって言いたいことが言えない方々の「声なき声」だと思うと、励みになります。

コメント返信までは手が回らないかと思いますが、貴重なご意見感想は残させていただく所存でおります。









現在の閲覧者数:


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。