QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語業界で感謝していること


業界への文句ばかりでは、ナンだから、
たまにはこの世界に感謝していることなど。


それは何よりも日本語の仕組みと奥深さに浸かることができたこと。
中でも敬語を、熟知できたこと。
これは貴重な宝物だと思っている。
これに尽きる。


この世界に入らなかったら、
自分の敬語はあやふやなまま、
日々をやり過ごして年を取って行ったと思う。


おかしなもので、殆んどの日本人は
留学生のように、敬語とその構造を学校で学ぶことはない。
いつも、みん日49課になると学生にこう言って来た。


日本人は 学校で、きちんと 習いません から
留学生の 方が 上手に 正しく 敬語を 話せることが 多いです
ですから がんばって ください
敬語を 正しく 話せる 留学生は きっと 尊敬されます




偶然入った牛丼屋で、あれは多分ベトナム人女子のバイトだったと思う。
ベトナム人特有のふにゃっとした気の抜けた発音の日本語で、


「店長、お手すきですか。漬物をお出しいただけませんか」


と、聴こえてきて、
確かにパーフェクトではないにしても、
使用を避けることなく、敬語を使おうとしていることに、
少々胸がつまった。


使役形から敬語への回を何年もこなすにつれ、
小生の敬語レーダーはどんどん敏感になり、
今やテレビで芸能人や女子アナが間違った敬語を話すと
レーダーがびーん!!!と立ち、
鬼の形相で画面を振り返るようになってしまった。
既に条件反射である。


テレビって言うのは気の毒だ。
こんなに間違った日本語を話しているのに
誰も気づかないで、しかもテロップまでその間違ったまま作っているのだから。
個人的に思う、間違えやすい層は、
「上品に振舞おうと一生懸命な若い女性」に多い。
自分を格上に見せたいのか、身内について語る時さえ敬語を使う。



敬語の基本構造を自分に叩き込んでしまうと、
その次に、より深く楽しめるようになったのは近代文学だった。

横書きで読むのは最初は違和感だったが、
ネットの青空文庫で近代文学を読むのが好きだ。
当時の日本語が美しいことを、改めて知ることができた。
近代だけではなく、第三の新人くらいまでの日本語は心地いいと個人的に思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miyabiyutaka

Author:miyabiyutaka
夢を追って心が折れてしまう前に。
______________

某本にかこつけてタイトルつけてみたけど…
日本人「の」、って、教えにくい日本語ですよね。
日本人「が」、だったらまだやりやすいんだけどな。


学生のための日本語教育ブログだったら、他にいっぱいありますのでそちらへどうぞ。
日本語教師として「働く側」からのブログです。

拍手ありがとうございます。この業界で、表だって言いたいことが言えない方々の「声なき声」だと思うと、励みになります。

コメント返信までは手が回らないかと思いますが、貴重なご意見感想は残させていただく所存でおります。









現在の閲覧者数:


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。