QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水商売と日本語

駆け出しの頃。
本当にずいぶん昔の話。


実は諸経緯からクラスの過半数を
いわゆる水商売に携わる方々が占める学校を
担当していたことがある。
さすがにその学校、現在はなくなってしまったようだが
当時そういう学校は地方にもたくさんあったのだと思う。


自分も日本語教師デビューしたてで、
まさか、こういうクラスに飛び込むとは思わなかった。

時には教室が酒臭いこともあったし、
まれにどういうわけか殴られた顔で来る人がいたし、
寝ていないため顔色が悪い学生がたくさんいた。


けれど、誓って言えるのは


みんな、生きていくために必死だった、ってこと。
最近の留学生よりも、ずっと真面目で
ずっと頑張っていたし、根性があった。


人生がつらくてつらくて
時には授業中に泣き出す人もいた。


次のビザはどうなるんだろう。

国のお母さんに送るお金がない。

勤めているお店でママにクビだと言われた。

日本人だんなが別れたいって言っている…。



あの人たちの悩みは、生きるか死ぬか、に近しいものがあって
それを乗り越えようとして作る笑顔も痛々しかったけど、強かった。


学生のために開いたクリスマス会なのに、
なぜかデュエット曲の演歌をありえないほど上手に歌ったり、
国の郷土料理をたくさん作って持って来てくれたり。


働いているスナックのマッチをくれたり、
時には「先生、ボトルいれてヨー」と言って来たり。


国籍はまったく違うのに
夜は同じ繁華街の別のスナックで働いている同士、
仲良くなって廊下で抱き合って泣いていたのを見たこともある。
たぶん、同じ辛さを分かち合っていたんだと思う。


休み時間には
当時そう多くの人が持っていなかった携帯電話で
お客さんに営業をかける。
「最近来ないネー」などと、
こういう人たちは口がよく回るのだけれど
書く方は本当に苦手。
だから地道にノートに何回も書く。

何回も。
何回も。


テストで決していい点を取ることはできない人たちだったが、
どんな難問にも、自分の生活体験で得た限りの日本語を使って解答。
それはしばしば滑稽な内容だったりもするのだが
とにかく意欲が伝わってきた。






…そんな時代を経て
さて、現在。





ペラペラの服を着て厚化粧の留学生、
国の実家がそれほど貧しいわけでもない。
けれども親の管理の届かない日本で
マクドナルドを主食に
夜は「明かりの暗い」お店で働く。


「大陸系」で検索掛ければざくざく出てくるそんな店。
当然学校では勉強もしない。
不機嫌そうに登校し、ただそこにいるだけで時間を過ごす。
学校が終われば、繁華街で仕事。
関心は爪を飾るのと整形と美容院。
それでも大学に行けると思っている。


ぼさぼさに膨らませた髪型で
登校するやトイレで吐いている男子留学生。
「男子」と言っても現実は
国に妻子もいたりする。
日本ではこっちで知り合った別の相手と同棲中。
いやに光沢のあるピチピチのスーツで派手にやって来るが
初級の質問にも答えられない。
とがった靴は傷だらけ、耳のピアスは汚れている。



この変わり様を見るたびに
私はさめざめとした気持ちになってくる。

そして

時代が変わったんだ、
としか言えない自分にも
さめざめとした気持ちになってくる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

miyabiyutaka

Author:miyabiyutaka
夢を追って心が折れてしまう前に。
______________

某本にかこつけてタイトルつけてみたけど…
日本人「の」、って、教えにくい日本語ですよね。
日本人「が」、だったらまだやりやすいんだけどな。


学生のための日本語教育ブログだったら、他にいっぱいありますのでそちらへどうぞ。
日本語教師として「働く側」からのブログです。

拍手ありがとうございます。この業界で、表だって言いたいことが言えない方々の「声なき声」だと思うと、励みになります。

コメント返信までは手が回らないかと思いますが、貴重なご意見感想は残させていただく所存でおります。









現在の閲覧者数:


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。