QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい気なもんですな

海外出張がある仕事、って言ったら、
どんな職種を思い浮かべますか?


まず外交官ですよね。
それから商社マン。
メーカーさんも海外に営業行きますね。


何だかどれも、エリート臭がしますが、
この教育業界にもあるのですよ。
しかも教育者ではない。


そう、日本語学校の営業。


多くの学校さんで、海外、主にアジアのエージェントに
営業に行っていると思います。


教師の皆さんは、どう見ていらっしゃいますか。
一度でも、こういう思いがかすめた方、
いらっしゃるのではありませんか。



「…本当に仕事に行っているのか…?」
「息抜きじゃないの?」
「成果出てるの?」
「遊びに行ってるだけなんじゃ…」




加えて、そんな営業で引っ張られてきた学生たちは、
学校の営業担当の現地での行状を知っていたりします。
だからこそ学生が学校をナメるんだとも思うんですよ。

教師の方々も、学生たちからそんな情報を
聞いた方もいらっしゃるかもしれませんね。



現地で派手に遊びまわっているとか。
実は金儲けしているとか。
免税で買い物するのに夢中だとか。



これだけ厳しい待遇で教師たちを使っておきながら
自分たちは海外で羽を伸ばしている。
これは色々な学校さんで聞く話です。


干し肉やら、なんとかケーキなんか
配ってくれなくていいから
給料一円でも上げてくれ、って話ですよ。



もうこれはね、非常勤よりも
常勤の方が
気持ちの沈み方がハンパないです。




上記のような経験がある先生方、
現状たぶん結構いるかと思います。
把握させていただきたいので、どうか
同じ思いを抱いている(いた)方、
お勤めになっている(いた)学校にそういう疑念があった方、
拍手をクリックしていってくださるとありがたいです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miyabiyutaka

Author:miyabiyutaka
夢を追って心が折れてしまう前に。
______________

某本にかこつけてタイトルつけてみたけど…
日本人「の」、って、教えにくい日本語ですよね。
日本人「が」、だったらまだやりやすいんだけどな。


学生のための日本語教育ブログだったら、他にいっぱいありますのでそちらへどうぞ。
日本語教師として「働く側」からのブログです。

拍手ありがとうございます。この業界で、表だって言いたいことが言えない方々の「声なき声」だと思うと、励みになります。

コメント返信までは手が回らないかと思いますが、貴重なご意見感想は残させていただく所存でおります。









現在の閲覧者数:


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。