QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語教師だった芸能人・日本語教師の元芸能人



暑くてだるいのと、仕事でごちゃごちゃしているのとで
更新が滞っております。
そんなこんなで、弊ブログがテーマとする日本語業界の糾弾にも
語気が弱る今日この頃。
蒸して蒸して、眠れません。

本日は小ネタでご勘弁を~。

意外にも日本語教師だった芸能人の方がおります。


田宮五郎


田宮五郎さん。
故・田宮二郎氏の息子さんで、
現在闘病中ですが、浅野ゆう子さんの恋人ということで
ちょっと話題になったりしました。


Wikipediaより:

田宮 五郎(たみや ごろう、1967年1月13日 - )は日本の俳優。
本名は柴田 英晃(しばた ひであき)。旧芸名は田宮 英晃(たみや ひであき)。

東京都出身。東京農業大学農学部畜産学科卒業。身長185cm。
血液型O型。所属先は高瀬プロダクションからABeBeを経て、現在キャストパワーに所属。

父は俳優の田宮二郎。母は元女優の藤由紀子。兄は俳優・教師の柴田光太郎。
芸名の姓は父親の芸名「田宮二郎」、名は父の本名「吾郎」に由来している。
また、父・田宮二郎の代表作『白い巨塔』での役名が「財前五郎」であることも意識されている
と言われるが関連は全く無い。

略歴
2006年 - 田宮英晃名義で、土曜ドラマ『人生はフルコース』で芸能界デビュー。
2007年3月 - 芸名を田宮五郎に改名。
2012年4月12日 - くも膜下出血を発症する。


人物

幼少時から俳優を志していたが、「俳優になるなら人間を知ってから」との父の遺言を守り、大学在学中から日本語教師や住み込みの新聞配達、料理人、大工、造園業、司法書士事務など数十種に及ぶ職業を長年経験し、2006年、39歳の時に「田宮英晃」名義で『人生はフルコース』で俳優デビュー。その後『功名が辻』に黒田長政役で出演。

2007年3月、本格的に俳優活動をすることを宣言し、芸名を「田宮五郎」に改名する。

2012年4月12日、東京都内の自宅でくも膜下出血で倒れて緊急搬送され、翌13日に8時間に及ぶ手術を受けた。術後の4日間は昏睡状態が続き生死の境をさまよったが、その後リハビリを開始するまでに回復した。しかしレギュラー出演していた『七人の敵がいる! 〜ママたちのPTA奮闘記〜』は途中降板した(代役は冨家規政が務めている)。

同年7月にはリハビリ専門病院に転院、12月には退院した事が報じられている。車いすの使用から杖を使っての歩行が可能になったという。退院の際には交際が発覚した浅野ゆう子も付き添っている。復帰を目指して今後もリハビリを継続する、としている



お兄さんの柴田光太郎さんも、俳優と英語教師を兼業しているという、
かなり異色のご兄弟です。
(ちなみに柴田光太郎さんは、作家の岩井志麻子さんの息子さんの家庭教師もしていると、
テレビで聞きました)


こんな男前で、日本語教師されていたんですね…
中国人女子たちに騒がれただろうなぁ。



打って変わって、
芸能界を引退後、日本語教師に転身されたグラビアアイドルがこちら。


松田純



松田純さん。

名前は聞いたことがありますが
小生、あんまり記憶にありません…


Wikipediaより:

松田 純(まつだ じゅん、1977年6月7日 - )は日本のタレント。元グラビアアイドル。本名:林由佳子(はやし ゆかこ)。東京都出身。身長160cm、スリーサイズはB84 W59 H85。靴のサイズは23.5cm、血液型はAB型。ZUYI所属。現在、ニューカレドニアのヌメア在住。



・宇都宮短期大学附属高等学校卒業。
・学生時代の経験でマリンバ演奏が可能。
・数々のグラビアで徐々に知名度を上げ、グラビア業界内に確固とした足場を築いたと共にタレント活動も展開。
・NTV系『THE 夜もヒッパレ』においては、番組内ユニット「てん・むす」のリーダーとして活躍。毎週なにがしかのメドレー曲などを唄うなどアイドル的活動で人気を博す。尚、同ユニットのメンバーは山川恵里佳、有坂来瞳、大谷みつほ、酒井彩名。
・唐津競艇のイメージキャラクターになっている関係か、競艇にも興味を示したことも。
・2001年、中野英雄との不倫報道のため、所属事務所から解雇を言い渡され芸能界から遠ざかる。
・2007年3月30日、自身のブログにて結婚を発表。ニューカレドニア在住のダイビングインストラクターと結婚し、現在は、日本語教師をしている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miyabiyutaka

Author:miyabiyutaka
夢を追って心が折れてしまう前に。
______________

某本にかこつけてタイトルつけてみたけど…
日本人「の」、って、教えにくい日本語ですよね。
日本人「が」、だったらまだやりやすいんだけどな。


学生のための日本語教育ブログだったら、他にいっぱいありますのでそちらへどうぞ。
日本語教師として「働く側」からのブログです。

拍手ありがとうございます。この業界で、表だって言いたいことが言えない方々の「声なき声」だと思うと、励みになります。

コメント返信までは手が回らないかと思いますが、貴重なご意見感想は残させていただく所存でおります。









現在の閲覧者数:


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。