QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語教師と学生の恋愛②

そもそも、日本語学校で日本語教師と学生の恋愛は
いけないことなのか?

例えば義務教育、高校、となると
倫理的に許されることではないでしょう。
学生が未成年、教師が成年になるわけですから。

日本語学校の場合、
10代で来る子は未成年で、大学を目指すので
それが半数位を占めますね。
これも当然ダメです。

その残りが成年。
でも、自分のお金で留学している学生よりも
親がかりで来る学生さんは多い。
これは例えバイトをしていても、
新聞奨学生で来ているとしても、
親御さんのサポートが多少なりとも絡んでいれば
やっぱりその留学生は、学校では「お預かりしている」と言う立場。
親からすれば、大切な子供を海外に出して、
教育機関で教師と関係した、となれば胸が痛むと思います。


更に、親がかりでない成年の学生と教師が
恋愛関係になったとします。
その教室内に、未成年学生がいたとしたら?
そういう関係を未成年学生に悟らせることさえ
私は疑問を抱きます。


結局、
雇用する側にとって、
学生は大切なお客様でもあります。
いわゆる従業員がお客様に手を出してしまうと、
その後、もし何らかの問題が起きた場合、
学校の責任になってしまいます。


「クラス中の人が応援してくれた」と言う
学生と教師の話も聞いたことはありますが、
経営する側から見れば、
そんな状況に得意になっているような教師は
のんきで稚拙。


学生側の口にも戸は立てられません。


以前も書きましたが、(→過去記事
教師の一方的な思いによって、クラス中にからかわれて
困り果てた学生もいます。



やはりそういう関係に向かうのは
最低限、学生が卒業してから。



それも、ちゃんと跡を濁さず、を心がける。
こう書く理由は
ちょっとフェイクが入りますが、
一例があります。


ある男子学生から、学校に相談がありました。
この学生は、昨年その学校を卒業した同郷の男子学生と
同居しています。

その相談内容をかいつまんで言うと、



「●●先生が、アパートに来て押しかけ女房しているので、家に帰れない」



とのことでした。

卒業生というのも、どこかしらで在校生とつながっているものです。

同居していた在校生は、
同じ学校で働いているその教師に、
いい思いは抱きません。

その話を知った学生たちは
その教師を軽んじて見るようになって行きました。

更に学生たちは
「先生とそういうことをしてもいいんだ」
と思い込み、
教師を下に見る、と言う空気を作ることになりかねません。

大抵のケースでは、
教師側にイニシアチブがあるのがほとんどなのですから、
どうか、細心の注意で以て
行動を律していただきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miyabiyutaka

Author:miyabiyutaka
夢を追って心が折れてしまう前に。
______________

某本にかこつけてタイトルつけてみたけど…
日本人「の」、って、教えにくい日本語ですよね。
日本人「が」、だったらまだやりやすいんだけどな。


学生のための日本語教育ブログだったら、他にいっぱいありますのでそちらへどうぞ。
日本語教師として「働く側」からのブログです。

拍手ありがとうございます。この業界で、表だって言いたいことが言えない方々の「声なき声」だと思うと、励みになります。

コメント返信までは手が回らないかと思いますが、貴重なご意見感想は残させていただく所存でおります。









現在の閲覧者数:


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。