QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生を狙う教師たちについて

学生狙いの教師と言うのは
前回書いた通りで

「ある特定の国(個人に依る)の若い学生と懇意になりたい」

と言う思いで教師をしていらっしゃるタイプです。


多くはその国の文化が好きだと言うのもありますが、
もともとその国に留学していたり、
その国で働いていたことがあったり、
一種のフェティシスムかもしれません。


昔は男性教師にそのタイプが多かったりしたのですが
近年はもっぱら女性教師。


男性教師の場合は、しばしばそこに、お金がからみますね。
お聞きになったこともあるかもしれませんが
その昔、日本語学校の男性教師や職員が
今で言うパワハラでしょうか。
ビザやら学費やらを餌にして
留学生と関係していた、と言うパターンがあったのです。
関係していたというだけでなくて、
横流しで水商売をさせたりしていたという話も聞きました。


今もあるんでしょうかね…


ここ最近遭遇するのは、
女性教師が、学生に迫るパターンです。


もちろん学生が教師に岡惚れするのは
日常茶飯事。
多くの先生方が学生に迫られたりした経験を
されているはず。

こういうのはプロとして、
さらっと流せるようにしましょう。
教師側がまんざらでもなく、
本気で悩んだりするのは、痛々しいですよ。


さて、学生に迫る女性教師。


仕事にある種のロマンや、女性が言う所の「ときめき」を
求めているのかもしれませんが
ご本人が気づいていないだけで、
これは立派にお客様に対する社員のセクハラです。

以前書いた例のように(
学生が嫌がっているのにも気づかず、


デートプランを強引に押し付けたり、
仕事中だというのに目当ての学生のクラスの前で待ってたり
勝手に付き合っていることにしていたり、
毎晩のようにメールやら電話やら、
進路指導と称して面談室に頻繁に呼び出したり、


これはもう、立派にパワハラです。


こういう先生方は、前任校でもやらかしている場合が多いのです。
たいていそういう先生方に限って、


「前の学校で学生にストーカーされた」だの
「学生同士で自分を取り合った」だの
「学生に迫られて困って前任校をやめた」だの


勝手に武勇伝にして脚色して、
吹聴している場合が多々あります。

こういう同僚がいたら関わらないようにしましょう。
飲み会やっても、そんな話ばっかりしていますから。


こんな教師、いるいる!と思った方、
統計把握したいので、
ぜひ拍手クリックしてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miyabiyutaka

Author:miyabiyutaka
夢を追って心が折れてしまう前に。
______________

某本にかこつけてタイトルつけてみたけど…
日本人「の」、って、教えにくい日本語ですよね。
日本人「が」、だったらまだやりやすいんだけどな。


学生のための日本語教育ブログだったら、他にいっぱいありますのでそちらへどうぞ。
日本語教師として「働く側」からのブログです。

拍手ありがとうございます。この業界で、表だって言いたいことが言えない方々の「声なき声」だと思うと、励みになります。

コメント返信までは手が回らないかと思いますが、貴重なご意見感想は残させていただく所存でおります。









現在の閲覧者数:


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。