QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外での日本語教師就労状況①

あけましておめでとうございます。
久しぶりの更新は「海外における日本語教師の就労」についてです。

シニアの方が海外で日本語を教えるのについては、今回は言及しません。
そういう方々は、薄給であっても、また無給であっても、
生きがいを求めて行かれるケースが殆んどです。
今回は「実際に自分の生活をやっていく仕事として、
海外で日本語教師をするケース」について書きます。


まずアジアでの就労については、日本でもたくさん求人がありますし、
実際に働かれている方のブログもたくさんありますから、
僕が書くまでもないですね。
現地に行ってから、「話が違う」などの話は、本当に多いですが、
文化の違いもありますし、
これも「修行・キャリアと割り切って」行かれるなら、
人生の一ページなのではないでしょうか。

ただ、日中関係、日韓関係がかんばしくなく、
インドも例によって治安が悪く(お聞きのように外国人女性に対する暴力、
更に女性に対してのアシッドアタックのような行為が
横行している背景があります。
僕の知人も最近、こうした情勢を考えてインド就労を断念しました)、

そうした状況から、その他のアジアの国々での日本語教育が
盛んになっているように感じます。
盛んになっているからには、就労も競争が激しくなっているかもしれません。


上記のような理由で、日本語教育はこれからはアフリカだ!と言われていました。
しかし、現在、政治的情勢の悪さで、
アフリカでの日本語教育が難しくなっているのは、
ニュースからもお分かりになる通りです。

続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miyabiyutaka

Author:miyabiyutaka
夢を追って心が折れてしまう前に。
______________

某本にかこつけてタイトルつけてみたけど…
日本人「の」、って、教えにくい日本語ですよね。
日本人「が」、だったらまだやりやすいんだけどな。


学生のための日本語教育ブログだったら、他にいっぱいありますのでそちらへどうぞ。
日本語教師として「働く側」からのブログです。

拍手ありがとうございます。この業界で、表だって言いたいことが言えない方々の「声なき声」だと思うと、励みになります。

コメント返信までは手が回らないかと思いますが、貴重なご意見感想は残させていただく所存でおります。









現在の閲覧者数:


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。