QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティアの弊害

「結局ボランティアの日本語教師批判?」


そう感じられる方々も多いかと思いますので、私の考えを書きます。


日本語教師の立場が、非常に危ういものだということは周知の事実ですよね。
正規雇用であっても給与は低く、残業代も出ない。持ち帰りの仕事も多い。
保険を自分で払わなければならない学校も多いです。


非常勤だと生活はなおさら厳しくなります。これは主婦でボランティアをやっている層には
現実として想像もつかない状況だと思います。


こういう状況下、苦しい教員を抱えている筈の学校側が自ら、
「日本語教師への憧れ」を食い物にし始めます。
養成所を出たばかりの人たちをわざわざ狙って「経験させてあげるから」と、
無給で働かせたり。
(そうです、一度求人応募して書類選考で落とされて、それから電話してくる日本語学校ありませんか?)


学生ビザホルダーではない、配偶者ビザホルダーの人たちなどは、
高いお金を払って学校行くよりも、ボランティアならいいや、と思うのは当然だと思います。


更に、定年後の方々は、シニアボランティアと称して、
セカンドライフをエンジョイしつつ
無償で日本語教師をして人と触れ合いたい…それも結構でしょう。


ただ、この「日本語教育」のたたき売り、というよりもってけドロボーみたいな状況が、
日本語教師の貧困を生んでいるのではないでしょうか。


私は一度、隣国からの留学生に言われたことがあります。



「先生たちは僕のことを思いやってくれない。市のボランティアの方がずっとよかった。
休日も誘ってくれたり、時間をかけて丁寧に細かく勉強を見てくれた」



それはボランティアだからだ、と言いたかったのですが、言っても彼には分らなかったと思います。


私はアジア某国の日本語学校をある経緯から訪ねたことがあるのですが、
驚いたのは、そこの日本人の先生方は年配で、全員無給で働いていたことです。
すごいでしょう、こんなに沢山の先生方が働いているんですよ、と、
エントランスの壁に貼られた先生方の写真を、
現地人の校長が私に自慢げに見せました。
全員きちっとスーツを着て写っています。正直、私はいたたまれなくなりました。



ボランティア、それはとっても美しいんでしょうね。
無償で働くことは、とても尊いのでしょう。



ですが、その尊さが、まわりまわって、日本の、働き盛りの、若い年代の、
自分で自身の健康な生活を営む尊厳を侵していたとしたら?


結局それは「日本語教師」いわんや「日本語教育」の単価を下げてしまい、
背後に膨大な作業を要するこの「日本語教師」と言う仕事を、
お安いものにしているのではありますまいか。


どれだけの日本語教師が、受験準備の時に学生たちの通帳をコピーしながら
うなだれていると思う?
まさか留学生の方が稼いでいるなんてね。


ボランティア論に冷や水をぶっかけるつもりはないのですが、
上記は今まさに、熟考・再考すべきことだと私は思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miyabiyutaka

Author:miyabiyutaka
夢を追って心が折れてしまう前に。
______________

某本にかこつけてタイトルつけてみたけど…
日本人「の」、って、教えにくい日本語ですよね。
日本人「が」、だったらまだやりやすいんだけどな。


学生のための日本語教育ブログだったら、他にいっぱいありますのでそちらへどうぞ。
日本語教師として「働く側」からのブログです。

拍手ありがとうございます。この業界で、表だって言いたいことが言えない方々の「声なき声」だと思うと、励みになります。

コメント返信までは手が回らないかと思いますが、貴重なご意見感想は残させていただく所存でおります。









現在の閲覧者数:


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。